葬儀色々
  当サイトはリンクフリーです。お好きにリンクを貼って行って下さい。
HOME 色々な葬儀 お葬式(キリスト式) お葬式(仏式) お葬式(神式)
 
仏式葬儀のマナー
数珠のかけ方と合掌の仕方
仏式法要の種類
仏式葬儀のマナー
山の風景
仏式の葬儀のマナー?
仏教では、お葬式をはじめ、さまざまなご法要の折りに必ずお焼香をします。
香はの気持ちを快くするし、それと同時に芳香によって身心を清めるといった意味もあります。
近親者の焼香は葬儀式の時間内に行われ、一般会葬者の焼香は告別式開始と同時にはじめられます。
お焼香の仕方は宗派などによって違いがありますので、導師に尋ねるのが良いようです。
ご焼香の例
@遺族に一礼して焼香台のある仏前に進み、ご本尊と遺影を仰ぎ頭を下げて黙礼。
A右手で香をつまみます。
B額のところまで押しいただきます。(宗派によっては違いがあります。)
C香炉に静かにくべます。(宗派によっては回数に違いがあります。)
D合掌礼拝し、最後に遺族に一礼し、退きます。
 
数珠のかけ方と合掌の仕方
森林の風景
数珠のかけ方?
数珠はもともと、お経やお題目をあげる時にその数をかぞえる法具でした。
今はお経やお題目を唱えたり、礼拝する時に手にかけてお参りします。
数珠は持っているだけで功徳があるとされ、普通百八の珠からできており、百八の煩悩を退散・消滅させる功徳があるからだと言われています。
数珠のかけかたも宗派によって異なります。
合掌の仕方?
@合掌のしかたは、まず、指と指の間を離さずくっつけて、掌をピッタリと合わせます。
(位置としては胸の前に、胸にはつけないで少し前に出します。)
A掌の角度は四十五度くらいです。
(肘は張らず、脇も力を入れて締める必要はないです。)
B肩の力を抜き、合掌をしましょう。(宗派によって若干違いはあります。)
合掌は仏さまを尊び、供養する気持ちをあらわしたものです。
説によると、右手は仏様を表し、左手は凡夫を表すと言います。
手を合わせることによって仏さまの境地に私たちが近づけるといいます。
 
仏式の法要
仏式の法要の種類は?
種類 日数 法要の内容
初七日 7日目(葬儀当日の場合も) 親戚・知人・葬儀でお世話になった方を招き、読経・焼香の後、故人を偲んで会食を行います。
二七日 14日目 遺族だけが集まり、会食などを行います。
三七日 21日目 遺族だけが集まり、会食などを行います。
五七日 35日目 親族・知人を招き、忌明けの納骨式行い、会食をします。
白木位牌から塗位牌にかえ、仏壇に納めます。
六七日 42日目 遺族だけが集まり、会食などを行います。
七七日忌
(精進落しとも)
49日目 親族・知人を招き、忌明けの納骨式を行い、会食をします。
白木位牌から塗位牌にかえ、仏壇に納めます。
新盆 初めてのお盆 仏の供養を行います。(提灯などを飾ったりもします。)
百か日 100日目 親族・知人を招き、故人を偲んで会食などをします。
一周忌 満1年目 親族・知人を招き、故人を偲んで会食などをします。
三回忌 満2年目 親族・知人を招き、故人を偲んで会食などをします。
七回忌 満6年目 親族・知人を招き、故人を偲んで会食などをします。
十三回忌 満12年目 親族・知人を招き、故人を偲んで会食などをします。
十七回忌 満16年目 親族・知人を招き、故人を偲んで会食などをします。
二十三回忌 満22年目 親族・知人を招き、故人を偲んで会食などをします。
三十三回忌 満32年目 親族・知人を招き、故人を偲んで会食などをします。
三十七回忌 満36年目 親族・知人を招き、故人を偲んで会食などをします。
五十回忌 満49年目 親族・知人を招き、故人を偲んで会食などをします。
百回忌 満99年目 親族・知人を招き、故人を偲んで会食などをします。
 戻る
 
Copyright (C) 2008 「葬儀色々」 All Rights Reserved.